投資初心者おすすめ!たったの100円で試せるFX業者!

FX初心者のためのリスク知識

FX初心者にとって意識しなければならないことの一つがリスクです。もしもリスクが一切なければ誰でも儲けることができます。それができないのが相場で、いかにしてリスクをコントロールするのかを考えていかなければならないのです。リスク管理こそ相場のすべてだと言われることもあるくらいですから、FX初心者の方は、リスクをどうコントロールしていくのかを考えていくべきでしょう。 リスクは利益の裏返しと言われることがあります。

リスクを抱えた分だけ利益を得られるというのがその意味です。ですから、リスクを避けて儲けることはできず、もしもリスクを避けたいのなら投資をしないのが最も良いです。リスクは避けて通ることはできませんから、この点はあきらめなければならないのですが、ただどのようなリスクがあるのかを把握しておくことは必要なことの一つです。 最も注意すべき事が流動性リスクです。FX初心者の中には高金利の新興国通貨やフロンティア諸国の通貨を取引したいという人がいるのではないでしょうか。

たとえば、ブラジルレアル、南アフリカランド、メキシコペソなどが高金利通貨として有名です。これらの通貨は確かに魅力的なのですが、流動性が低いというリスクがあります。つまり、何かあったときにポジションを閉じることができなくなる可能性があるのです。先進国通貨はある程度の流動性が確保されていますが、それ以外は流動性リスクが高いことがありますから注意が必要です。 政情や財政問題によるリスクもあります。政権が交代すると、すぐに政策が変わって為替レートが急変するといったこともありえることです。

これも先進国には少ないことです。他にもクーデターが起こると言ったこともあり得ることでしょう。あるいは、自然災害によって経済がおかしくなってしまうと言ったこともあり得ないことではありません。このようなことがいつ起こるのか分からないという状態であることは頭に入れておくべき事で、もしものリスクに備える姿勢は常に持っておかなければなりません。

FX少額で取引ができる

投資をするときには割と大きな資金が必要となります。本格的に取引をするのなら数百万円単位の資金は必要でしょう。しかし、FX少額で取引できるメリットは非常に大きいと考えられます。FX少額と言っても、実際にはどれくらいの資金が必要なのでしょうか。もちろんですが、百万円単位の資金があれば、それはそれで取引しやすくなります。

大まかに見た場合、10万円くらいはあったほうが良いです。 多くの取引会社では1万通貨単位で取引を行います。最も良く取引されているのがドル/円ですが、ドル/円のレートが1ドル=120円であった場合に、最低限どれくらい資金が必要になるのでしょうか。まず、1万通貨であれば120万円のポジションの大きさになります。レバレッジが最大で25倍ですから、4万8,000円が最低限必要な金額となります。 4万8,000円だけ預けた場合、少しでも損失が発生するとすぐにポジションを維持できなくなりますから、ある程度の資金的な余裕は必要です。1万通貨の取引をしている場合、1円動けば1万円の損益の変化があります。

10万円預けていれば、5円くらいまでの変化は許容できることになるわけです。5円動くというとかなりの大きな動きになります。そこまでの変動が起こる前に何らかの手を打つことができるでしょう。このああ利の考え方は人それぞれで異なるでしょうが、1つのポジションを持つためにはだいたい10万円くらいは最低でも必要だと考えておいた方が良いです。

10万円が少し大きいと思うのなら、さらにFX少額で取引できるサービスがあります。最近では1,000通貨単位で取引できる業者がたくさんありますし、100通貨で取引できる業者もあります。1,000通貨で取引できれば、1万円くらいあれば取引できるわけですから、これくらいなら十分にFX少額だと言えるのではないでしょうか。必要に応じてこのような業者を選ぶのも良い方法です。

SBIFXトレードの設立の時期と現在の状況

現在ではSBIFXトレードでFXの取引を簡単に始めることができますが、かつては多くの規制があったために簡単ではありませんでした。これができるようになったのは1,998年です。この年には、金融に関する様々な制限がなくなり、個人でも外国為替証拠金取引ができるようになったのです。しかし、当初はサービスについても統一されていませんでしたし、規制も厳しくありませんでしたから、悪質な営業を行う業者も現れたのです。

その後、2005年には金融先物取引法が改正されて、外国為替証拠金取引はこの法律の適用を受けることになります。さらに2,007年には金融商品取引法が施行されて、勧誘ルールなども統一されるようになりました。このような状態で、ある程度の制度面は整ってきたと言えるでしょう。sいかし、取引の透明性や公正さが確保できたとは言えない状態でした。 SBIFXトレードはこのような時代に生まれたFX業者です。すでに多くあるFX業者を押しのけて人気の業者として頭角を現わすようになります。

急激に人気を集めてきた理由は、やはりグループ全体として貫かれている顧客第一主義でしょう。企業としての利益を追求することが目的ではありませんから、このようなサービスの充実が図られているのだと考えられます。 SBIFXトレードは、システム面でも安心ができて、取引ができなくなるような状況はかなり改善されています。かつては、注文を出しても約定しないケースがあったそうですが、このあたりはすでに改善されていて、かなり荒れた相場であっても約定力は高くなっています。

レートの配信についてはインターバンク市場と連動して配信を行っています。伊インターバンク市場での取引を間接的に取り入れていると考えればわかりやすいでしょう。インターバンク市場で取引が行われている限りはレートが配信されますから、よほどのことがない限り取引できないと言ったことはありません。

サイトマップ |  外貨投資について |  証券コード7203 トヨタ自動車は「買い」継続で問題ないと思う |  証券コード3099 三越伊勢丹ホールディングスは「買い」だと思う |  TV番組「ストックボイス」は参考になる |  消費税の再増税が延期されれば、日経平均は再び上昇すると思う